営業に役立つブック

jpegfafadfa
営業の魔法―この魔法を手にした者は必ず成功する

jpeg
営業のプロが新人のために書いた営業の本

jpegfafdafadfadfadf
訪問しないで「売れる営業」に変わる本―4年連続No.1が明かす

アーカイブ

カテゴリー

昇格への道!営業トークのコツ

1408006231366

営業トークをしている時に気になるのが、お客様の反応ではないでしょうか?

どれだけ熱弁を振るったとしても、あまり反応が得られない時には心配になりますが、

実は相手もあなたの話しに聞き入っているということも言えるのです。

ただし、単に相手がこちらの話をオウム返しのように交わしてきた場合は別です。

商品に興味が無い。買うつもりはない。という意思表示の可能性が高いのです。

多くの人の場合、オウム返しをされるとこちらの話に聞き入っていると肝稚貝を擦る人もいるでしょう。

しかし、何の興味もない話に嫌気が差している。早く終わってくれと考え、

あなたの話に合わせているだけです。

もしもこのようにオウム返しが始まった場合は、同じ会話を続けても結果が見えているので、

切り口を変えて別の話題を提供することをオススメします。

オウム返しが始まったら別の切り口で

営業トークに限ったことではありませんが、会話で重要な事は会話のキャッチボールが成立しているかです。

キャッチボールが上手に運んでいれば、きっとあなたから商品を買ってくれるでしょう。

coolですから、商品の説明をしている途中でオウム返しが始まったらすぐに別の良さをアピールしましょう。

説明が単調で続くと、お客様も会話に飽きてきて商品に何の魅力も感じなくなり、

最終的には早く営業トークが終わって欲しいと、オウム返しで時間を潰すのです。

お客様が商品について、積極的に質問を繰り返してくるのであれば商品に興味を持っていますから、

どんどん営業トークで売り込んでいくチャンスとなります。

良い営業トークとして言われているのが滑らかな会話ですが、これはキャッチボールが成立していることが前提です。

一方的に説明をして、相手がオウム返しでは何の意味もないのです。

マニュアル通りの会話はオウム返しを生むことがよくあります。

どのように会話を運べばお客様が商品に興味を持ってくれるのかを考えながら会話を組み立てましょう。

オウム返しをされることが多いのであれば、改めて自分の会話を見直す必要があります。

本業を両立させつつ副業で稼ぐ

ネットで副業することで本業の時間は一切影響を出さず空いてる時間のみで稼ぐ(※女性のみのお仕事です)24時間いつでも稼ぐ事が出来るのにもかかわらず高収入!もしかすると本業よりも稼げるかも!

更新情報